PMSによる症状を把握しよう

PMSによる眠気~自分の体の異変を知る~

女性の中にはイライラが発生して仕事や生活に支障が出ている方が多く存在します。こういったトラブルが発生している場合は早めに対策を行ない、症状を改善することで日常生活への悪影響を解消しなければなりません。

女性と切り離せないPMS

PMSと呼ばれる症状は女性のみが発症するものであり、約80%以上の女性が一度はPMSの症状を体感しています。発症すると気分が憂鬱になったり、ふいに孤独感を感じるようになったりすることが多いです。発症した方の多くが体験するのが強烈な眠気であり、仕事や家事を行なっている時にいつの間にか眠ってしまう場合はPMSを発症しているのかもしれません。他には肌荒れや腹痛、性格が怒りっぽくなるなどのさまざまな症状が存在しています。

30代女性に多い眠気の症状

PMSはいろいろな世代の女性が発症する症状でありますが、30代女性の多くは強烈な眠気に悩まされていることが多いです。

生理前の強い眠気にどうしても負けてしまいます。(30代/かすみさん)

以前からPMSの症状を体感していたのですが、30代に入ってからは強い眠気に襲われることが多くなりました。通勤時や仕事中などにも眠気を感じてしまい困っています。現在はいろいろな対策を実施して何とか症状を和らげている状態です。

眠気から育児や車の運転にも支障がでました。(30代/まきさん)

PMSを発症してからイライラと強い眠気を感じるようになり悩んでいます。車の運転中や育児などを行なっている際に眠気を感じてしまい、普段通りの生活を楽しむことができなくなりました。最近は病院に相談を行なってみようかと考えています。

眠気がひどくなる原因

PMSを発症している30代女性が眠気を感じてしまうのは、体内に存在する女性ホルモンが原因だと考えられます。

プロゲステロンの増加
生理前の女性は体内のプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが大幅に増え、基礎体温が上がりやすくなることが多いです。体温が高くなると寝つきが悪くなり、十分に睡眠がとれなくなることで日中に強い眠気を感じやすくなります。またプロゲステロンには催眠作用も含まれているため、PMSを発症した際は日中に眠気を感じやすくなる可能性が高いです。
エストロゲンの減少
メラトニンは睡眠ホルモンの一種であり、体内のホルモンバランスが乱れるとメラトニンが大量に分泌されてしまうことがあります。そのため、日中の際に体内のメラトニンが増加してしまうと、急に眠気を感じやすくなってしまう可能性が高いです。また夜間は体内のエストロゲンが減少してしまい、同時にセロトニンも減ってしまうため寝つきにくくなります。

早めの対策が必要

生理前の女性は心身が敏感になるため、強い眠気やイライラといったPMS特有の症状を体感しやすくなることが多いです。そのままにしておくとセロトニンの働きが弱まり、更年期症状も強く表れてしまいます。PMSの発症による悪影響をなるべく最小限に抑えたい場合は、早いうちに眠気対策を実施することでセロトニンの働きを活性化させなければいけません。

効果的なPMS対策~ひどい眠気を解消して毎日を充実させる~

PMSの症状を改善するのに有効な対策を実施しておくと、日中感じる眠気を改善したり夜間に十分な睡眠をとったりすることが可能になります。まずは簡単な対策を実施することで効果を体感し、少しずつ症状を改善していくのが最適です。

PMSの眠気対策

日中に強い眠気を感じてしまうことが多い場合は、夜間に十分な量の睡眠がとれるように対処する必要があります。

睡眠の質改善
プロゲステロンの働きで日中眠くなることが多くなった場合は、生活習慣を見直す必要があります。きちんと睡眠をとっておけば、仕事中や家事などを行なっている際に眠気を感じることはありません。寝る前はスマートフォンやパソコンを触らないようにし、ハーブティーやストレッチで身体をしっかり休められるようにしましょう。
食事の改善
一日に摂取する食事の数が減ると身体が冷えやすくなってしまい、PMSの症状を悪化させてしまう可能性が高いです。PMSの改善を図る際は朝食もきちんと摂取するようにし、健康的な身体を維持できるように対処しましょう。また食事でしっかりとビタミンやミネラルなどの必要な栄養素を補給しておけば、眠気を解消しながら肌の美しさも守ることができます。
サプリメントの摂取
チェストツリーと呼ばれるハーブは、PMSの症状を改善するのにとても有効です。眠気だけでなく頭痛やむくみといったいろいろな症状を改善することができるので、現在ではチェストツリーを含んださまざまな種類のサプリメントが登場しています。PMSによる眠気を改善するのに苦労している方は、チェストツリーを使用しているサプリメントを定期的に服用しましょう。

病院での治療も効果的

いろいろなPMS対策を実施しても、人によっては症状がなかなか改善されない場合があります。こういった場合は一度病院で相談を行ない、きちんと正しい方法でPMSの治療を実施するのが最適です。そのままの状態にしておくと心身に大きなダメージを負ってしまい、うつ状態などに陥る危険性があります。PMSなどの女性特有の病を治療している病院で相談を行なえば、ピルなどの治療薬やさまざまな治療法を使ってスムーズに症状改善を図ることができます。

PMS対策の心構え

PMSの症状が現れる時期をきちんと把握していれば、予定を調整することで症状が悪化しないように配慮することができます。イライラが悪化しないよう事前にストレスを発散しておけば、症状をある程度緩和することが可能です。強烈な眠気が生じるのを予測して休暇などを取っておくと、万が一眠ってしまっても日常生活に悪影響が生じることはありません。まずはPMSに関するいろいろな情報を調べ、適切な対応が行なえるようにしておくのがいいでしょう。下記サイトでは、症状が起こるメカニズムからあらゆるアプローチの方法が紹介されているので参考にしてみましょう。

TOPボタン